企業情報

ごあいさつ

プレス加工にイノベーションを

代表取締役社長 久野忠博

おかげさまで創業70周年。当社は創業以来積み重ねた技術力をフルに発揮し、複雑・高精度なプレス加工を特徴として、新材料や新工法にもチャレンジし、質の高い最先端のモノづくりを支えています。 お客様の製品開発段階から携わり、試作、金型設計・製作、プレス、溶接、機械加工、組立、表面処理までの一貫体制を構築しています。特に金型部門の強化を図るため、最新鋭の設備を導入し、内製化率を高め、独自仕様による高機能な金型づくりを実現しています。量産部門では、プレスメーカとの共同開発による1200トンサーボプレスを筆頭に、130台余のプレスを有し、自社開発のロボットをプレスや溶接機と組み合わせ、革新的な自動化、合理化を推進しながら高品質で高効率な生産体制を築いています。 研究開発への取り組みとしては、新工法の開発、最新技術や設備の導入、産官学連携による技術研究などを行っています。近年では、次世代自動車部品など先進部品への対応力を高めると共に、ICT(Information Communication Technology)活用に向けた研究開発も積極的に進めています。 これらの実現には、信頼やコミュニケーションなど和の精神を基調として組織が有機的に働き、全社員が技術や技能など持てる力を存分に発揮することが不可欠です。そのために人材育成や環境整備にも力を注ぎ、働き甲斐のある職場づくりを進めています。 これからも高いチャレンジ精神でプレス加工の技術革新を追求し、お客様の期待に応えられるよう日々努力を重ねてまいりますので、よろしくお願い申し上げます 。

企業理念

技の力と和の心で夢を実現する

私たち久野金属工業は1947年の創業以来、常に新しい技術の可能性を追求し続けてまいりました。これからも自社の強みを生かしながら、お客様に喜ばれる価値を創造し、会社の繁栄と社員の幸せと共に、夢に向かってチャレンジを続け、地域社会に貢献できる会社を目指します。

  • 一、楽観的発想でテーマを決め、先憂後楽的開発を行え
    (決める前は悲観的なものを退け、楽観的発想を最優先で考える実行は困難でも後の問題が少ないようにする)
  • 一、技術的に高度な仕事を手掛け、社会において存在価値のある会社にする
  • 一、開発や生産の推進は、全ての人の意欲的な活動によるので、職場の環境的条件を整えると共に適切な評価を実施し、人材の育成を行なう
  • 一、計画的に効率的な設備システムを構築していき、出来るだけ長期に使用することでコストパフォーマンスを上げる

社是 : 一同幸福(みんなの幸福)  |  社会奉仕  |  企業繁栄

会社概要

会社名 久野金属工業株式会社
創業 1947年1月
設立 1950年11月
資本金 8000万円
所在地 常滑工場:〒479-0002 愛知県常滑市久米字池田174番地(久米南部工業団地内)
有松工場:愛知県名古屋市緑区野末町201番地
電話番号 0569-43-8801(代表)
FAX番号 0569-43-8008
代表者 代表取締役会長  久野 博淳
代表取締役副会長 久野 修
代表取締役社長  久野 忠博
従業員数 298名(男性:256名/女性:42名)
事業内容 自動車用及び産業用部品の設計・開発、金型製作、プレス加工、溶接、組立、機械加工、表面処理
主要取引先 三菱自動車工業株式会社、豊田鉄工株式会社、株式会社デンソー、アスモ株式会社、アイシン精機株式会社、株式会社日立製作所、三菱電機株式会社、豊田自動織機株式会社、Autoliv株式会社、その他30社余
系列会社 株式会社マイクロリンク(コンピュータソフト開発)

沿革

1947年 久野忠吉(元会長)、久野博淳(現会長)が久野製作所を名古屋市南区にて創立
1950年 久野金属工業株式会社を設立
プレス金型の設計・製作及びプレス加工・組立を開始
1952年 三菱自動車工業(株)の協力会社となる
自動車部品の製造を開始
1964年 愛知県合理化優良企業として愛知県知事賞を受賞
1967年 中小企業合理化優良企業として中小企業長官賞を受賞
1973年 (株)デンソーの協力会社となる
自動車電装部品の製造を開始
1974年 優良申告法人として熱田税務署長より表敬を受ける
1978年 中小企業庁より中小企業合理化モデル工場の指定を受ける
1979年 NTN㈱の協力会社となる
1980年 アスモ㈱の協力会社となる
プレスラインのQDC化を進め、合理化を推進
名古屋通商産業局より電気使用量合理化企業として表彰を受ける
1981年 有松工場を建設し、金型・試作部門を強化
1985年 2D・3D CAD/CAMを導入
金型設計製作の合理化を推進
1987年 ロボットプレスラインの自社開発を行なう
(現在、すべてのロボットが自社製)
1989年 アイシン精機の協力会社となる
優良申告法人として表敬を受ける(4度目)
1990年 有松工場増し、FMSを推進
1992年 中小企業合理化モデル工場の指定を受ける(7度目)
1997年 愛知県常滑市に常滑工場を建設
新しいレイアウト思想に基づき、FMS化したスマートな製造ラインと自動搬送システムを実現
1999年 タカタ㈱、Autoliv㈱、豊田鉄工㈱の協力会社となる
                                                                                                                                                                                                                                                                           
2000年 品質管理国際規格 ISO9001認証取得
2001年 環境国際規格 ISO14001認証取得
久野 修が社長に就任
2002年 三菱電機㈱の協力会社となる
2003年 品質国際規格ISO9001 2000年版更新認証取得
2004年 常滑工場敷地内に金型工場を建設
金型部門を強化し生産効率を高める
2005年 愛知ブランド企業の認定を愛知県より受ける
2006年 超精密マシニングセンターによる高精度・高速・長時間の加工システムの構築を実現
2008年 常滑工場敷地内に南工場を建設
常滑工場東に東工場を増設
2009年 内閣総理大臣表彰 第3回ものづくり日本大賞『優秀賞』受賞
2010年 型技術協会『型技術論文賞』受賞
2011年 素形材産業技術賞『経済産業大臣賞』受賞
2012年 豊田鉄工株式会社『技術賞』受賞
2013年 豊田鉄工株式会社『品質優秀賞』受賞
2014年 経済産業省『グローバルニッチトップ企業100選』受賞
2014年 全日本製造業コマ大戦 碧南特別場所『優勝』
2014年 豊田鉄工株式会社『原価改善優良賞』                                               『技術開発賞』受賞
2015年 全日本製造業コマ大戦 東京ビックサイトインターモールド場所『優勝』
2015年 久野 忠博が社長に就任
2016年 アイシン精機株式会社 高精度・大物プレス加工の実現                                                  『技術優秀賞』受賞
2016年 経済産業省『攻めのIT経営中小企業百選』受賞

環境への取り組み

久野金属工業はISO14001環境管理国際規格を取得し、
当社「環境方針」に則り下記のことを推進しています。

電力使用削減 | 購入品削減 | 廃棄物削減 | 騒音・振動の削減 | 油類・段ボール・紙等のリサイクル | 環境教育

ISO14001環境方針

  1. 当社は、組織活動、製品及びサービスにおける環境影響評価を実施し、環境保全に努めるとともに汚染の予防に努める。
  2. 事業活動では、環境側面に関連する適応可能な法的要求事項及び、組織が同意するその他の要求事項を順守する。
  3. 本方針達成のための環境目的および目標を立て、文書化し、計画的に活動するとともに定期的に見直し、レビューを行い、継続的な改善を進める。
  4. 組織で働くまたは組織のために働く全ての人に、この方針を周知徹底し、環境意識の向上を図る。
  5. この環境方針は、外部からの求めに応じて開示する。

高難度・高精度プレス部品のご相談・お問い合わせはお気軽に!

  • TEL: 0569-43-8801 受付時間
    9:00?17:00(土・日・祝休)
  • FAX: 0569-43-8008 担当/営業部 : 長野 アクセス >
  • お見積り無料 メールでのお問い合わせはコチラ

楽観x挑戦x好き 採用情報