よくあるご質問

プレス製品用図面がないのですが、他工法の図面からプレス製品図面を制作してもらうことはできますか。

可能です。
既存の製品図を頂き、使用用途をお聞きしてプレス化図面をご提案します。

出図から初品までにかかるリードタイムはどのくらいですか?

最短2週間〜最長6ヶ月です。
製品難易度や工程数によって様々です。
他社で失敗した案件や社内で問題が多い案件等の場合は、現状のヒアリングを行います。

プレス加工の中で特に得意とする加工法はありますか?

当社の特徴は一つの加工技術にこだわらないことです。
製品図をもとに様々な工法の中から最適な加工法、設備のご提案をいたします。
プレス以外の工法をお勧めする場合もあります。

対応できる板厚・サイズを教えてください。

板厚は0.4〜12mmまで、サイズは数ミリ〜1mほどまでです。

対応できる材料を教えてください。

普通材(SPCC等)、メッキ材、ハイテン材(980等)、SCr、銅、アルミ、ステンレス、その他フレキシブルに対応します。
前例の無い異素材にもチャレンジします。
詳しくはご相談下さい。

試作に対応できますか?

試作より対応します。試作フェーズより、量産工程を考えたり、価格や納期を優先したりするなど柔軟にご対応します。
試作を行いながら製品図を完成させていくことも可能です。

問い合わせから発注までの流れを教えてください。

お問い合わせ ➡ 製品の機能や必要寸法のご確認 ➡ 図面の作成とお見積もり ➡ 試作のご発注 ➡
お客様にて機能確認 ➡ 量産金型の着工 ➡ 本工程品納入 となります。

一番大きいプレス機械は何ですか?

自社開発の1200トンサーボ順送プレスです。
ベッドサイズが5m、高い剛性と精度を兼ね備えております。

プレス機は全部で何台ありますか?

プレス機械は全部で約200台、スポット溶接機が約70台、溶接ロボットが約40台あります。

金型はどこで制作していますか? 内製率は?

金型は90%以上が内製です。
金型の仕事は波が大きいので繁忙期は難易度の低い製品を協力会社にお願いしています。

開発スタッフは何人いますか?

プレス金型関係で約38名、設備・ロボット関係で8名です。

プレス機械も自社開発ですか?

プレスメーカーさんと共同開発しています。

ロボット、自動機、治具は内製ですか?

社内にあるすべてのプレスロボット、スポット溶接用直行ロボットや溶接も内製です。内製のメリットは、限界が少なく、規格外などでも対応が容易なことです。
CO2溶接用など多間接ロボットは購入しています。

金型メンテナンスは自社で行えますか?

金型メンテナンスは100%自社です。
突発的な問題にもすぐ対応できます。

定期メンテナンスは行っていますか?

製品特性やご要望により行っています。
自社開発の金型管理ソフトKICSにより、生産管理システムと連動し、生産数量に応じて製造部の作業指示書に定期メンテナンス信号を自動送信します。

海外展開していますか?

海外展開はしておりません。
国内強化を進めており、優れた人材の育成と最新鋭の設備投資を積極的に行い、次世代自動車など新規開発案件等への対応能力を高め、お客様ニーズに対応します。
海外へのプレス製品の輸出は行っています。

今までにやったことのないプレス製品案件でも対応できますか?

久野金属工業でもっとも得意とする分野が新しい製品やプレス加工への対応です。

なぜ溶接時にスパッターがでないのですか?

プレス製品の精度が高く隙間の状態が良い事と、溶接条件の最適化です。

高難度・高精度プレス部品のご相談・お問い合わせはお気軽に!

  • TEL: 0569-43-8801 受付時間
    9:00〜17:00(土・日・祝休)
  • FAX: 0569-43-8008 担当/営業部 : 長野 アクセス >
  • お見積り無料 メールでのお問い合わせはコチラ

楽観x挑戦x好き 採用情報