メディア情報

一覧に戻る

2019.05.13

『プレス技術』2019.6月号に久野功雄副社長の記事が掲載されました

変種変量に対応するトランスファ・タンデムプレス
導入事例 1 
自社開発の搬送ロボットを使用した「ロボットプレス」(タンデムプレス) 
取締役副社長 久野功雄


当社では自動化されたタンデムプレスのことを「ロボットプレス」と呼んでいる。
30年以上に渡り、ロボットプレスの進化増設を行っており、現在では105台を配備する。
近年では順送プレスやトランスファプレスでは対応できない難加工形状やハイテンション材、
厚板の製品に対してのプレス対応と目的が変化している。

生産性向上のための最大のポイントは一気通貫加工である。全行程を繋ぎすべてを連続して加工する
ことは生産性を最大に高め工程不良を減らし、中間在庫を削減する。
ロボットスピードは製品の大きさや重さに合わせて高速化し生産性を高めている。
主要ラインに Iot化されており、稼働率も向上している。

『プレス技術』2019.6月号に久野功雄副社長の記事が掲載されました

『プレス技術』2019.6月号に久野功雄副社長の記事が掲載されました

『プレス技術』2019.6月号に久野功雄副社長の記事が掲載されました

一覧に戻る

高難度・高精度プレス部品のご相談・お問い合わせはお気軽に!

  • TEL: 0569-43-8801 受付時間 
    9:00〜17:00(土・日・祝休)
  • FAX: 0569-43-8008
    • 担当/営業部 : 新規顧客担当 担当/営業部 : 長野
    • アクセス >
  • お見積り無料 メールでのお問い合わせはコチラ お見積り無料 メールでのお問い合わせはコチラ

楽観x挑戦x好き 採用情報

go top